M&A・IPO支援

Considering M&A and IPO

将来的にM&AやIPOを検討されているベンチャー・中小企業経営者様へ

弊社では、多くの実績に裏付けされた「企業価値を向上」にフォーカスを当てたEXIT(IPOやM&Aといった出口戦略)によりさせカスタマーサクセスに導きます。
まずは、お気軽にご相談ください。

PROBLEM

こんな企業におすすめ

FEATURE

M&A・IPO(日本市場、米国NASDAQ市場)支援の特徴

当社では、累計500社以上の経営の現場を見てきた上で、企業価値を向上させた後にEXIT出来た実績が多数存在します。
企業価値向上からEXITまでの有効事例を用いた再現性のあるご提案を、あらゆる分野に精通する経験豊富なプロがサポート致します。

  1. FEATURE 01

    バリュエーション(企業価値)の最大化

    企業価値の向上に重きを置いた伴走型のM&A・IPO支援による、単なる売り先・買い先を探す仲介としての動きではなく企業毎に即した伴走支援により企業価値向上後のEXITを実現。

  2. FEATURE 02

    豊富な成功事例

    一例として、純資産27百万円の赤字企業を最終的に15億円にて株式譲渡等、他にも従来の業界慣習では得られにくい有効事例が多数。

  3. FEATURE 03

    日本市場及びNASDAQ市場両方の市場に精通

    日本市場だけではなく、米国NASDAQ上場支援に精通したチームによるサポート体制。

  4. FEATURE 04

    ニーズに即した機動力

    少数精鋭部隊にだからこそ、クライアントのニーズに即した機動力が特徴です。
    ex1)当初は株式売却によるご依頼、「CFO×COO代行」とのセットによりバリュエーションが高まった結果、IPOへ支援方針転換となった事例
    ex2)当初は全株式売却(A社)によるご依頼、結果として全株式売却ではなく一部事業譲渡に変えて買収企業(B社)と存続企業(A社)で業務提携を結び両社の企業価値を高めつつ安定取引先を確保した事例
    ex3)IPOを推進すべく弊社へ依頼、業績は好調ではあるものの既存の事業のみではバリュエーションが付き難い事より新規事業を立ち上げを伴走して実施、企業価値を向上させた事例。

FLOW

CFO×COO代行支援の流れ

  1. FLOW 01

    相談

    面談によるお客様のニーズをヒアリングさせていただきます。
    ※面談は「訪問」or「オンライン」にて対応しています。

  2. FLOW 02

    ご支援内容の決定

    CFO×COO代行としてお客様のご要望に沿った、最適な支援内容(金融機関対策/M&A/IPO/安定経営など)とご支援期間を、目標より逆算して決めていきます。

  3. FLOW 03

    ご契約・支援スタート

    ご支援内容とプランを決め、契約書を締結の上、サポート開始となります。

Q&A

よくあるご質問

まだ企業の売却を決めたわけではないが、相談には乗って頂けますか?
もちろんです。弊社では売却は必須ではなくあくまでも目標としていらっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。
また、当初は企業の売却を目指して契約いただいたお客様でも、安定成長が見込まれる自走式組織が出来上がることで、「そのまま経営を続けたい」「M&A売却の方針から100年続く起業への方針に変更する」といったお客様もいらっしゃいます。
遠方に会社があるのだけれども相談は可能か?
はい、オンラインでの経営会議の対応等、柔軟に対応させて頂いております。
但し、遠方でのご対面をご希望の際は、旅費交通費など別途ご請求させていただく場合がございます。
契約した後の解約はいつでも大丈夫ですか?
CFO×COO代行に関するご契約の解約につきましては、契約満了月の3か月前までにご連絡いただくことで、解約が可能となります。
但し、CFO×COO代行契約ではなく、M&Aに関するFA契約に際しては、契約の性質上、ご事情等を考慮した双方合意の上での解約が可能となります。
独自のノウハウとはどういったものでしょうか?
弊社のご支援先や「CFO×COO代行」養成講座等、弊社のお客様には、公開させて頂いております。
あくまで一例として、赤字企業の会社の「非財務判定・付加価値」にフォーカスをしたご支援により、純資産の50倍以上の価格で株式売却した事例がプレスリリースにて公開されております。

SERVICE

当社サービス